理事長基本方針

メンバーにとってかけがえのないJCであり続けたい。
 市民や街にとってかけがえのないJCであり続けたい。
 「明るい豊かな社会の実現」に向けて挑戦し続ける、魅力あふれるJayceeであり続けたい。

<はじめに>
新型コロナウイルスの脅威が全世界を混乱させてからおよそ二年が過ぎました。私たちの生活も未だその影響下にあり、現在の青年会議所活動もコロナに対応した形で行うことが求められています。しかし、そうした制約の中にあっても、小山青年会議所は歩みを止めません。先輩たちが時代ごとの困難や問題に立ち向かい乗り越えてきたように、「明るい豊かな社会の実現」に向けて、私たちも一歩ずつ歩み続けます。

<小山青年会議所の歩みと先輩諸兄への感謝>
1969年の設立以来、多くの先輩が人や地域の発展・成長のために尽力され、そのバトンが大切に継承されて現在に至ります。その時代に求められていることを真剣に考え、行動し、地域の歴史を行政や市民と共に創ってきたからこそ、小山青年会議所の活動が現在も存続し続けています。常に時代の先頭に立ち、「明るい豊かな社会の実現」を目指し率先して運動を展開してきた先輩たちの熱く献身的な尽力に感謝し、そして、その想いを今しっかりと受け継ぎ、私たちの運動を次の世代へつなげて参ります。

<現在の小山青年会議所と会員拡大について>
2019年に創立50周年の節目を迎え、また昨年はとちぎフォーラムを当地で開催しました。持ち前の小山青年会議所らしさを誇りに持ち、コロナ禍の逆境にあっても、JCの活動・運動を強力に発信しています。今年度は22名でのスタートを予定していますが、メンバー一人ひとりの力が小山青年会議所の活動を支えています。
しかし、この崇高な青年会議所の活動を次世代につないでいくためには、メンバーの拡大が喫緊の課題です。メンバーの減少は組織の活力の低下を招きます。実施できる事業数が減少し、事業規模の縮小を余儀なくされ、また組織存続そのものが危うくなります。こうした現状を踏まえ、今年度行う各種事業では、まちづくりや青少年育成などの目的とともに、会員拡大を同時に行うことが必要となります。今年度行う全ての対内・対外の事業に会員拡大の工夫を盛り込みつつ、事業を展開したいと思います。

<楽しさを求めて>
まちづくりや青少年育成、またメンバー自身の研鑽・成長の為の研修事業など、私たちが行う事業の目的はいくつかありますが、参加者や共感者を多く集め事業の運動効果をより高めるためには、積極的に参加したくなるような魅力ある事業である必要があります。事業を魅力あるものにする方法はいくつかありますが、最もシンプルなのは楽しい事業であることだと思います。
いつの時代も楽しいところに人は集まります。たくさんの目的を一度に達成できる事業を創るのは難しいことと思いますが、地域や社会の課題を解決しながら、本気で真面目に、そして本気で楽しく、そんな事業をメンバー一丸となって構築していきましょう。
また、誰よりも私たちメンバー自身が本気で楽しむことがより多くの共感者を集め、会員拡大につながるものと信じています。今こそ小山青年会議所の真髄を魅せよう。

<メンバーへの想い>
私は2015年の入会以降、たくさんの大切な仲間に出会うことができ、また、様々な経験をさせていただきました。先輩から多くを学び、仲間と共に考え、共に喜び、共に汗を流した時間と経験が自分を成長させてくれましたし、JCで培った仲間との信頼関係は私の人生にとって本当にかけがえのないものになりました。
特にこれから活躍する後輩や入会間もないメンバーに伝えたいことがあります。JCで活動していると、楽しいことだけでなく、面倒な思いや大変な思い、逃げたい思いをすることも少なくないと思います。しかし、真摯に立ち向かいそれらを乗り越えれば、その全ての経験が自分の成長の糧になり、その全ての経験がふとした瞬間に自分自身が成長した実感に変わります。JC活動に割ける時間はメンバーによって異なりますが、限られた時間の中でも3信条(修練・奉仕・友情)に則り、真摯にJC活動に取り組んでさえいれば、必ず自身の発展・成長につながる何かを享受できます。綱領に掲げられている通り、青年としての英知と勇気と情熱をもって、どうか歩みを止めず自信をもって積極的に活動してください。
目指す「発展・成長」はメンバーそれぞれにとって様々だと思いますが、間違いなくそれを得る機会がJCにあると断言します。私にとってかけがえのない場所である小山青年会議所が、全てのメンバーにとって魅力あふれるかけがえのないJCでありたいと願っています。

<結びに>
コロナ禍の中で私たちの生活や価値観が変わっているように、街の在り方も時代とともに変わり続けています。その変化を見逃さずに捉え、時代背景や社会の課題や求められていることを的確に把握し、「今やるべきことは何なのか」を常に考えながら、私たちは歩み続けます。「明るい豊かな社会の実現」に向けて挑戦し続ける魅力あふれるメンバーが身を寄せる団体であり、市民や行政にとっても、有意義で、楽しく、かけがえのないJCであり続けられるよう、メンバー一丸となって事業を展開していきましょう。私たちだからこそできる何かが、ここ小山青年会議所にはあるはずです。より良い明日の小山を創るために前を向き続け、私たちだからこそできる価値ある「何か」を共に探しましょう。一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

第53代理事長 山本 雄大

4月例会『みらい創造キャンプ2022』参加者募集中!

キャンプ×公園×まちづくり 『みらい創造キャンプ』 開催のお知らせです!! 今年 ...

2022年度 小山青年会議所スタート!

第53代理事長 山本 雄大(やまもと ゆうた)君の力強いリーダーシップで 202 ...

とちぎフォーラム2021「みらい創造キャンプ」開催のお知らせ!!

キャンプ×公園×まちづくり 『みらい創造キャンプ』 開催のお知らせです!! 今年 ...